迫力満点!動く恐竜に会える!ミュージアムパーク茨城自然博物館が楽しすぎた!

こんにちは!
4歳の長男が「恐竜を見たい」というのでミュージアムパーク 茨城自然博物館に行ってきました。
大人もビックリするようなリアル!?恐竜の様子や館内についてレポートいたします♪

入館料

料金パターンは大きく分けると2種類。
企画展開催時期とそうでない時期で料金が違うのでご注意ください。
企画展開催時期については茨城自然博物館イベントページをご確認ください。

企画展開催期

本館・野外施設 野外施設のみ
一般 750円 210円
満70歳以上 370円 100円
高校生・大学生 460円 100円
小・中学生 150円 50円
未就学児 無料 無料

通常期

(企画展が開催されていない時期)

本館・野外施設 野外施設のみ
一般 540円 210円
満70歳以上 270円 100円
高校生・大学生 340円 100円
小・中学生 100円 50円
未就学児 無料 無料

無料で入館できる日

春・夏・冬休みの長期休業期間は除きく、毎週土曜日は小中高生の無料入館日!

その他、大人も無料入館できる日がなんと年に4回!

3月 春分の日(宇宙・科学の日)
5月4日 みどりの日(生物・科学の日)
6月5日 環境の日(地球・科学の日)
11月13日 県民の日(茨城・科学の日)

土日・特定日には予約が必要!

土日祝日および特定の日は必ず事前予約が必要で、博物館の敷地に入る前から博物館に入るまでの至る所に注意の掲示がありました。
予約が必要な日かは事前予約ページで確認することができます。

オススメする見所は3つ!

迫力満点!本物!?動く恐竜ジオラマ

館内一番のオススメは「地球の生い立ち」コーナーに展示されているトリケラトプスとティラノサウルスの親子の動くジオラマです。
目の動きや一つ一つの動作がリアル!!
一気に恐竜の世界に引き込まれた感じがしました!
館内にいる間に2回見に行ってしまい、大人の私でもずーっと見ていられました。笑

これぞ自然博物館の象徴!マンモスの骨!

館内に入るとすぐに出迎えてくれるのが茨城自然博物館のアイコンにもなっている松花江(しょうかこう)マンモスの骨格レプリカ。
巨大な体と立派な牙が印象的です。

写真に収まりきらない!なが〜い首のヌオエロサウルス!

こちらも館内に入ってすぐに出迎えてくれるヌオエロサウルスの骨格レプリカ。
2階からお顔を拝見するのもよし、1階から肋骨を見上げてみるのもよし!

その他写真スポットも多数♪

 

休憩コーナーでは飲食が可能

本館を出てすぐにあるセミナーハウスではテーブルと椅子が用意されており、飲食が可能です。
お弁当を持参して食べている方も多数いらっしゃいました。
1席ごとにしっかりと距離が取れている印象で土日でも人が少なかったです。

ミュージアムショップ 限定商品はある?

博物館出口付近にあるミュージアムショップ。
一度に入れる組数が決められているようで、入店までに5分ほど並びました。

茨城県自然博物館の限定品は?

茨城県自然博物館の限定品は私が確認できたのは写真のチョコinクッキー1つでした。
10個入り540円と手頃なお値段ですね♪
ショップ内には恐竜グッズを中心にフィギュアや文房具などが揃っていました。

アクセス

住所

〒306-0622
茨城県坂東市大崎700

感想まとめ

実はこちらの博物館にはできたばかりの頃数回訪れたことがあり、今回は20年以上ぶりの訪問でした。
こちらの重さを当てる隕石は開館当初と変わらず置いてあって懐かしさを感じました。


現在はコロナの影響もあり触ってはいけないそうです。

開館当初と変わらない展示物もありましたが、新しさを感じる方が多かったです!
特に動く恐竜ジオラマの展示は現在の展示は2代目で、あのクオリティなら1代目も見ておきたかった…!!!
この日は3時間、たっぷり博物館を堪能できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA